コンピュータネットワーク

コンピュータネットワークは、複数のコンピュータを接続する技術。情報化社会の基盤をなすため、通信インフラといわれる。 最も初期のネットワークは、メインフレームと専用端末を、独自のケーブルで接続したものである。 かつてはメーカーごとに様々な規格のネットワーク技術が開発さFXれ、相互接続性の問題が大きかった。現在はインターネットで利用されている技術を利用することが多い。 LANなどのネットワーク上でレンタルオフィスのディレクトリをディレクトリ・サービスという。

ネットワークを構成する機器

ネットワークは様々な機器を相互に接続して構成される。 接続には一般に何らかの配線が必要であり、ケーブルが使われることが多い。ほかに無線による接続や光ケーブルによる接続がある。
■ネットワークインタフェースカード
ネットワークカードは、コンピュータをネットワークに接続するためのハードウェアである。 ネットワーク媒体への物理的アクセスをハイドロキノン提供し、MACアドレスなどを使った低レベルのアドレス指定機構を提供することが多い。
■リピータ
リピータは、伝送路上の電子機器の一種で、信号を受信して、それを増幅するなどした上で送出する。これによって、信号はより長い距離まで到達可能となる。
■ハブ
ハブには複数のポートがある。ひとつのポートにパケットが到着すると、全ポートにそれがコピーされる。
■ルーター
ルーターは、パケットのヘッダ部のコンドロイチン情報と転送テーブルを使って、最適の転送経路を判断してデータを転送する機器である。